奨学金なるほど相談所

講演・取材のご依頼

進学費用メール相談

  • HOME
  • 奨学金なるほど相談所運営法人概要

  • 3分でわかる奨学金動画
  • すっきり解決Q&A
  • 奨学金講演日程と実績
  • 久米忠史執筆・著作
  • 奨学金なるほど相談所運営法人概要
    • 奨学金講演について

代表的な奨学金「日本学生支援機構奨学金」

代表的な奨学金「日本学生支援機構奨学金」

このページの関連キーワード 日本学生支援機構奨学金 JASSO 第一種奨学金 第二種奨学金

すべての大学・短大、ほとんどの専門学校で申し込むことができるのが日本学生支援機構の奨学金です。 日本学生支援機構は、2004年に設立された文部科学省所管の独立行政法人で、それまで長らく奨学金事業を行なってきた日本育英会から業務を引き継ぎました。

日本学生支援機構奨学金の【種類】

日本学生支援機構の奨学金は、返済義務のある「貸与型」の制度ですが、無利息の「第一種」と僅かながら利息(上限3%)が付く「第二種」の2種類があります。

第一種奨学金の貸与額や採用基準は、「大学か専門学校か」「自宅生かひとり暮らしか」など進学条件により異なります。
一方、第二種奨学金の貸与額は、学校の種別や通学環境に関係なく、希望月額を自由に選択することができます。

また、第一種、第二種とは別に、入学初年度に一度だけ借りられる「入学時特別増額貸与」という一時金としての奨学金もあります。

日本学生支援機構の奨学金は、他の奨学金と併用することに制限を設けていません。 したがってもう一方の奨学金側が併用を認めていれば、日本学生支援機構と併せて利用することができます。

第一種奨学金

無利息の奨学金です。
学校の種別、通学形態により月々の奨学金の支給額が決められています。
申請にあたっては、成績基準が明確に設けられており、家庭の収入状況と合わせて審査されますが、 仮に基準を満たしていても全員が採用されるわけでない選抜型の奨学金であることを理解してください。
また、私立の大学や専門学校へ進学する場合、現実的には第一種の金額ではまかなえない場合が多いということも理解しておきましょう。

第二種奨学金

進学先や通学形態にかかわらず、月額3万円、5万円、8万円、10万円、12万円から希望する金額を自由に選択できます。 第一種とは異なり実質成績基準はなく、家庭の収入基準さえオーバーしていなければ誰もが採用される奨学金と考えていいでしょう。 第二種は返済時に利息が加わりますが、その上限は3%と定められており、また在学期間中は利息が発生しません。
奨学金利用者の7割以上がこの第二種を利用しているのが実情です。

入学時特別増額貸与奨学金

入学初年度(編入学の場合は入学年次)のみ、50万円を上限に一時金として借りられる利息付の奨学金です。 この奨学金は第一種、第二種とは異なった家庭の収入基準が設けられています。 また、"入学時"と冠がついていますが、この奨学金の支給も進学後となっているので、入学前の費用に直接充てることができないので注意しましょう。

第一種奨学金と第二種奨学金の併用

第一種と第二種の両方を同時に借りることを「併用貸与」と言います。
学力基準は第一種と同じですが、家庭の収入の上限基準が"第一種のみ"の場合よりも低くなるので、最もハードルの高いコースと考えていいでしょう。

日本学生支援機構奨学金の【貸与金額】

区分 大学 短大 専門学校
第一種
(無利息)
国公立[自宅生] 45,000円 45,000円 45,000円
国公立[自宅外生] 51,000円 51,000円 51,000円
私立[自宅生] 54,000円 53,000円 53,000円
私立[自宅外生] 64,000円 60,000円 60,000円
上記の金額か、3万円のいずれかを選択
第ニ種
(利息付)
3万5万8万10万12万円から選択
(私立[医・歯])12万円を選択した場合、4万円の増額可
(私立[薬・獣])12万円を選択した場合、2万円の増額可
入学時
特別増額貸与
(利息付)
10万20万30万40万50万円から選択

日本学生支援機構奨学金の【申込方法】

予約採用

高校3年次に在籍高校を通じて進学後の奨学金を予約する制度です。 申し込み時点で志望校が具体的に決まっていなくても申請できます。
高校3年次の4月から5月に必ず案内があるので、見逃さないように気をつけてください。
【申込窓口:在学・卒業高校】

募集回数や締切り時期は高校によって異なるので必ず在籍高校に確認してください。

募集時期 種類 決定通知
1回目 5~6月頃 第一種奨学金、第二種奨学金 10月下旬
2回目 10~11月頃 第二種奨学金のみ 2月下旬

在学採用

進学した大学や専門学校を通して申し込む方法です。 入学直後の4月に説明会が開かれ、募集は原則年1回だけなので、募集案内を見逃さないように注意してください。
【申込窓口:進学した大学や専門学校】

緊急採用(第一種奨学金)・応急採用(第二種奨学金)

主たる家計支持者が失職・病気・事故・会社倒産・死別または離別・災害等で家計が急変した場合にいつでも申し込むことができる方法です。
第一種を「緊急採用」、第二種を「応急採用」と呼んでいます。 奨学金の貸与月額は、第一種、第二種とそれぞれ同じですが、採用基準が通常よりも緩やかな条件となっています。
【申込窓口:進学した大学や専門学校】

日本学生支援機構奨学金の【申請条件】

成績基準

第一種

【予約採用】

高校1年から2年の成績が(5段階評価で)3.5以上

【在学採用】

新入生/高校2年から3年の成績が3.5以上
2年次以上/所属する学部(学科)の成績が上位1/3以内

第二種

【予約採用】【在学採用】ともに、以下のいずれかに該当するもの
1.高校での成績が平均以上
2.特定分野に優れた資質能力がある
3.学修に意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがある

家庭の収入基準

日本学生支援機構奨学金を借りるにあたっての家庭の収入基準の目安です。
自分が志望する項目を確認してください。

【表を見る際の注意点】

  1. 14人世帯の目安です。表記金額以下の家庭が対象になるとお考えください。
  2. 2表記金額は、世帯の収入(両親共に収入がある場合は、双方の収入を合算)です。
  3. 3予約採用、在学採用(進路・通学形態)により条件が異なります。
  4. 4給与所得とは、サラリーマンや公務員など会社から毎月給料を支給されている人のことだと考えてください。
  5. 5給与所得以外とは、自営業者など毎年「確定申告」を行う人のことだと考えてください。

予約採用の場合

大学・短大・専修(専門)
区分 給与所得の場合 給与所得以外の場合
第一種(無利息) 781万円 349万円
第二種(利息付) 1,124万円 692万円
第一種と第二種の併用 720万円 306万円
入学時特別増額貸与
(利息付・一時金)
以下のいずれかに該当した場合に借りられます。
収入が第一種、第二種とは別に定める基準以下の場合
国の教育ローンを借りることができなかった場合

在学採用の場合

大学
区分 給与所得の場合 給与所得以外の場合
第一種
(無利息)
国公立 自宅 805万円 373万円
自宅外 849万円 417万円
私立 自宅 854万円 422万円
自宅外 897万円 465万円
第二種
(利息付)
国公立 自宅 1,121万円 689万円
自宅外 1,165万円 733万円
私立 自宅 1,170万円 738万円
自宅外 1,213万円 781万円
第一種と第二種
の併用
国公立 自宅 716万円 303万円
自宅外 779万円 347万円
私立 自宅 784万円 352万円
自宅外 827万円 395万円
入学時特別増額貸与
(利息付・一時金)
収入が第一種、第二種とは別に定める基準以下の場合
国の教育ローンを借りることができなかった場合
短大
区分 給与所得の場合 給与所得以外の場合
第一種
(無利息)
国公立 自宅 790万円 358万円
自宅外 834万円 402万円
私立 自宅 837万円 405万円
自宅外 880万円 448万円
第二種
(利息付)
国公立 自宅 1,106円 674万円
自宅外 1,150万円 718万円
私立 自宅 1,153万円 721万円
自宅外 1,196万円 764万円
第一種と第二種
の併用
国公立 自宅 695万円 288万円
自宅外 757万円 332万円
私立 自宅 762万円 335万円
自宅外 810万円 378万円
入学時特別増額貸与
(利息付・一時金)
収入が第一種、第二種とは別に定める基準以下の場合
国の教育ローンを借りることができなかった場合
専修学校(専門課程)
区分 給与所得の場合 給与所得以外の場合
第一種
(無利息)
国公立 自宅 753万円 329万円
自宅外 801万円 369万円
私立 自宅 821万円 389万円
自宅外 860万円 428万円
第二種
(利息付)
国公立 自宅 1,077万円 645万円
自宅外 1,117万円 685万円
私立 自宅 1,137万円 705万円
自宅外 1,176万円 744万円
第一種と第二種
の併用
国公立 自宅 653万円 259万円
自宅外 710万円 299万円
私立 自宅 739万円 319万円
自宅外 790万円 358万円
入学時特別増額貸与
(利息付・一時金)
収入が第一種、第二種とは別に定める基準以下の場合
国の教育ローンを借りることができなかった場合

【パソコン版に表示を切り替える】

【スマホ版に表示を切り替える】