奨学金なるほど相談所

講演・取材のご依頼

進学費用メール相談

  • HOME
  • 奨学金についてきちんと知る

  • 3分でわかる奨学金動画
  • すっきり解決Q&A
  • 奨学金講演日程と実績
  • 久米忠史執筆・著作
  • 奨学金なるほど相談所運営法人概要
    • 奨学金講演について

奨学金と教育ローンの違い

奨学金と教育ローンの違い

このページの関連キーワード 教育ローン 日本政策金融公庫

奨学金の支給が始まるのが入学後となっているため、入学金など合格発表後に必要な学費を多くの家庭では教育ローンでまかなっています。

教育ローンは様々な金融機関で取り扱っていますが、最も利用者数が多いのは、日本政策金融公庫の「国の教育ローン」です。 入学金や授業料などの学費対策には、奨学金と教育ローンを正確に理解することが大切です。

教育ローンの特徴を理解しよう!

教育ローンは、公的な政府系金融機関が取り扱う「国の教育ローン」と銀行など民間金融機関が行う「民間の教育ローン」と大きく2種類に分かれます。

民間の教育ローンは銀行系のものと信販会社などが扱うものと大きく2つに分かれます。
融資に際して収入の条件や利率などは取り扱い会社によりさまざまですが、 銀行系に比べて信販系の教育ローンは「審査が甘い」が「利息が高い」というのが一般的です。

学校提携ローンに注意!

信販会社が大学や専門学校と提携した学校提携ローンが増えており、 学校のパンフレットに○○大学提携ローンと記載されていることがあります。

しかし学校提携ローンだからといって、受験生にとって特にメリットがあるわけではありません。

教育ローンも100万円以上借りることが珍しくありません。 支払い利息の数パーセントの違いが、結果的には結構な金額差になることがあるので、 自分の家庭事情にあった教育ローンを見つけることも学費負担を軽減する大きなポイントです。

教育ローンの申請時期に注意!

合格通知を受け取ってから慌てて教育ローンを申し込む方がいます。

教育ローンにも当然審査があり、申請しても不採用となることがあるうえ、 受験シーズンには申し込みが殺到し、通常よりも審査日数が長くなります。

したがって、合格通知を受け取った後ではなく、受験料を支払った段階で早めに教育ローンを申請することがポイントです。

国の教育ローンとは~日本政策金融公庫(日本公庫)~

日本政策金融公庫とは、「国民生活金融公庫、中小企業金融公庫など政府系金融機関が統合され、平成20年に設立された公的な金融機関」です。
日本政策金融公庫が扱う「教育一般貸付」は、国の教育ローンとして最も代表的な制度です。
沖縄県は、沖縄振興開発金融公庫(おきなわ公庫)が業務を行っています。

日本政策金融公庫・国の教育ローンの概要

対象となる使い道 学校納付金(入学金、授業料、施設設備費など)
受験にかかった費用(受験料、受験時の交通費・宿泊費など)
住居にかかる費用(アパート・マンションの敷金・家賃など)
教科書代、教材費、パソコン購入費、通学費用など
今後1年間に必要となる費用が融資の対象です。
融資額 生徒ひとりにつき350万円以内
利息 こちらから最新利率をご確認ください。
(低所得、母子父子家庭、交通遺児家庭は、0.4%利息優遇)
返済期間 15年以内(低所得、母子父子家庭、交通遺児家庭は18年以内)
据置期間 在学中は元金を据置き、利息のみの返済が可能です。
ただし、元金据置期間は返済期間に含まれます。
保証 連帯保証人または、(公財)教育資金融資保証基金による保証が必要です。

収入の申し込み条件

次の12のいずれかに該当する方が申し込み対象者となります。

1世帯の年間収入(所得)が表記金額以内の方

子供の人数 給与所得者 事業所得者
1人 790万円 590万円
2人 890万円 680万円
3人 990万円 770万円

2以下[1]~[10]のいずれか1つに該当する方

世帯年収990万円(所得770万円)まで上限額が緩和されます。

1 勤続(営業)年数が3年未満
2 居住年数が1年未満
3 世帯のいずれかの方が自宅外通学(予定)者
4 借入申込者またはその配偶者が単身赴任
5 借入の目的が海外留学資金
6 返済負担率が30%超 1年間の借入金返済額÷年収(所得)
7 世帯年収に占める在学費用の負担率が30%超 世帯全員の年間在学費用÷年収(所得)
8 世帯年収に占める「在学費用+住宅ローン」の負担率が40%超
「世帯全員の在学費用+住宅ローン返済額」÷年収(所得)
9 親族などに要介護(要支援)認定を受けている方がおり、その介護費用を負担
10 親族などに「高額療養費制度」「特定疾患治療研究事業」または「小児慢性特定疾患治療研究事業」による医療費の公的助成制度を利用している方がおり、 その療養費用を負担
お問い合わせ 0570-008656(教育ローンコールセンター)
ホームページ 日本政策金融公庫・国民生活事業
申し込み窓口 1全国152の直営店舗 沖縄県の場合は沖縄振興開発金融公庫
2最寄りの金融機関(銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農協、漁協)
3日本政策金融公庫のホームページからも申し込みが可能です。

奨学金と教育ローンを上手く組合せるポイント

「奨学金は子どもの借金だから最小限の金額にしよう」と思う・・・
子どもの負担を心配する親心としては当然の考えだと思います。
しかし、奨学金と教育ローンの利息の仕組みの違いを理解することで、数十万円も支払い利息を節約できると知ったらどうでしょうか。
まずは、奨学金と教育ローンの利息の仕組みの違いを整理してみましょう。

  奨学金 教育ローン
利息の発生時期 在学期間中は発生しない 借りた翌日から発生
実際の利率 固定0.16%/見直し0.10%
(2016年3月貸与終了者)
2.05%
(2016年3月現在)

参考ページ 奨学金最新利率 »

参考ページ 国の教育ローン最新利率 »

100万円を借りた時の支払い利息額の比較

同じ金額を借りて同じ年数で返済した場合、奨学金と教育ローンでは支払い利息額がどれほど違うのか、シミュレーションしてみました。

100万円を11年間で返済した場合の支払い利息額

借入額 返済年数 種類 利率 支払い利息総額
100万円 11年 国の教育ローン 2.05% 117,000円
第二種奨学金(固定) 0.16% 9,625円
第二種奨学金(見直し) 0.10% 5,975円

教育ローンのなかで最も利息が低いと言われる「国の教育ローン」と比べても支払い利息額が大きく異なることがわかります。 これが利息の高いほかの教育ローンであれば、その金額差はさらに大きくなるでしょう。
また、奨学金は在学期間中に利息が発生しないのも大きな特長です。

奨学金と教育ローンの返済のイメージ

子どもの負担を心配する親心はよくわかりますが、親子で協力して返済していくならば、 奨学金を大きく借りて教育ローンを少なく借りる方が、支払い利息を節約できるということをご理解頂けたでしょうか。

関連ページ 【奨学金】【国の教育ローン】返済シミュレーション »

【パソコン版に表示を切り替える】

【スマホ版に表示を切り替える】